【Apex まとめ】スキルベースマッチメイキングが必要な理由を開発が説明!!(えぺタイムズ)

【Apex まとめ】スキルベースマッチメイキングが必要な理由を開発が説明!!(えぺタイムズ)

あわせて読みたい

【Apex まとめ】スキルベースマッチメイキングが必要な理由を開発が説明!!

※この記事のコメントは後程反応まとめとして一部記事にて紹介させて頂きます!

スキルベースマッチメイキング(SBMM)が必要な理由を開発が説明

現在エーペックスにはスキルベースマッチメイキング(SBMM)といって、自身のスキルにあったプレイヤーとマッチされる仕組みが導入されています。

このSBMMについて海外メディアのvg247.comのインタビューにて、RespawnのゲームディレクターであるChad Grenier氏が必要な理由について答えていました。

原文をまとめると『スキルベースマッチメイキングは新規プレイヤーにとってプレイ時間が長くなり、より多くのプレイが可能になり、定着率が上がるという具体的なデータがあるために、新規プレイヤーの維持の為に必要

また『SBMMはゲームにとってはとても健全なことだと思っている』と開発が明かしました。

Marin
Marin
新規プレイヤーが遊びやすい環境作りのためだったのね!

スキルベースマッチメイキングは発売当初から存在し、特定条件下でオンオフ設定が行われていた

SBMMが話題に大きく上がり始めたのは去年の12月ごろですが、Chad Grenier氏によるとスキルベースマッチメイキングは発売当初から存在し、

スキルベースのマッチメイキングのルールを変更したり、特定の地域や特定のサーバーで一定期間オフにしたりするテストを行って頻繁にデータを収集していたそうです。

https://ift.tt/2MzKZ6F

この収集したデータから上記記載の『新規プレイヤー維持の為にSBMMは必要』だと開発は判断しているとの事です。

Marin
Marin
何度かSBMMがなくなったみたいな噂が流れてた時があったけど、恐らく本当になくなってた可能性は高いね!

https://ift.tt/308U9iF

以下原文翻訳(vg247.comからの引用)

スキルベースのマッチメイキングは導入以来、コミュニティで話題になっています。ファンのフィードバックをリテンションデータと照らし合わせて評価し続けていると思いますが、シーズン5のリテンションはこれまでのところどのシーズンでも最高のリテンションを記録していますね。シーズン5では、これまでのところどのシーズンでも最高の視聴率を記録していますが、どのようにしてファンのフィードバックを評価し続けているのでしょうか?

チャド・グレニエCG: 私が答えましょうか?

JM: もちろんです。

CG: 面白いことに、実は発売当初からゲーム内ではスキルベースのマッチメイキングが常に行われていました。多くの人が気づいていないと思いますが、スキルベースのマッチメイキングは常にあったのですが、それが話題になるようになったのは最近のことです。スキルベースのマッチメイキングのルールを変更したり、特定のエリアや特定のデータセンターで一定期間オフにしたりするテストを行ってデータを収集しましたが、スキルベースのマッチメイキングをゲーム内で行うことで、プレイヤーのプレイ時間が長くなり、より多くのプレイが可能になり、定着率が上がり、プレイ時間が長くなるという具体的な証拠がありました。

JM: 新規プレイヤーの維持ですね。

CG: 新規プレイヤーを維持しますね。スキルベースのマッチメイキングをオフにすると、新規プレイヤーがゲームに入ってきてもすぐに離脱してしまいます。つまり、スキルベースのマッチメイキングがゲーム全体の健全性を高めるという具体的な証拠があるのです。だからこそ、これまで取り上げてこなかったのです。明らかにゲームにとって良いことなんです。パブストンプしたい特定のキープレイヤーから 反発を受けるのは知っていますが パブストンプしている人の数だけ 反対に叩かれている被害者が たくさんいるんです スキルベースのマッチメイキングが必要だ どのゲームにもスキルベースのマッチメイキングがあると思います。もちろん、すべてのゲームが同じように対応しているわけではありませんが、私たちは、スキルベースのマッチメイキングが本当に必要だと感じています。しかし、私たちのゲームにとってはとても健全なことだと思っています。

JM: 付け加えておきますが、似たようなスキルを持った人同士をマッチングさせるためのシステムを作っていますが、他にも様々な変数を考慮に入れて、その時々のゲームの良し悪しを決定しています。私はツイッターをやっていて、たくさんの人が私に話しかけてくるので、できるだけ多くの人と交流するようにしています。と聞くと、「アイオワに住んでいて、午前2時に試合をする」と言われた。完璧な試合を期待しているのは分かりますが、皮肉ではありませんが、アイオワ州では午前2時に試合をする人は限られています。選択肢はある 君を拡大するか ピンが悪くて 東京とマッチメイクするか 何でもいいが いい試合ができないだろう もしくは永遠に放置してプレイしないか あるいはいずれはゲームを作り始めて、その時には誰がプレイしているかで勝負することになるでしょう。このような変数があることに気付いていない人もいると思いますが、コアタイムのようにシステムが順調に動いているときは、本当にうまく機能しています。時間帯によっては少し難しくなったりしますよね

Marin
Marin
開発がデータを持って必要な物と判断している以上今後もずっとSBMMは存在し続けるかもね!
Marin
Marin
繰り返しにはなりますがこの記事のコメントは後程反応まとめとして一部記事にて紹介させて頂きます!

https://ift.tt/374BKoD

記事のシェアはこちら

続きを見る(外部サイト)

えぺタイムズカテゴリの最新記事